RSS | ATOM | SEARCH
大学の語源(その44)、最近よく耳にする「忖度(そんたく)」の語源は「孟子」!
 
 最近、国会における籠池氏の証人喚問から「忖度(そんたく)」という言葉が
 マスコミをにぎわせている。

 それに関し、日本外国特派員協会での記者会見に臨んだ籠池氏を横にして、
 外国人女性通訳がこう説明した。

 「欧米語には対応する適切な訳語がない日本語です。強いて訳すとすると、
 read between the lines(リード・ビトウィーン・ザ・ラインズ=行間を読む)
 かしら?!」

 この中には、2つの間違いがある。

 そのひとつは、「日本語ではあるもののの語源は中国の古い言葉であること」!

 『漢語林』(大修館書店)という漢和辞典によると、

 「忖度(そんたく) 他人の心をおしはかる。推測」

 と出ていて、語源の説明はこうある。

 「〔孟子、梁恵王上〕詩に云う、他人に心あり、われはこれを忖度す、と」

 忖度の「忖(ソン)」は、「立身偏(りっしんべん)に「寸」だから、
 他人の脈をはかり、心臓の動悸や不整脈のあらわれを診る」ことを意味する。

 「忖度の「度(たく)」もまた、「メモリ、推し量る」という意味である。

 そこから、「忖度(そんたく)」は、「感情の起伏、強い思い、要求」など、
 「他人の心の強さや働き」を推測する意味になったようである。

 もうひとつの間違いは、「read between the lines(リード・ビトウィーン・
 ザ・ラインズ=行間を読む)」という訳語が近いとしたこと。

 しかし、これは、『ニューコレッジ英和辞典』(研究社)には、

「(本には直接的な説明や表現はないが)行と行の間の言外の意味を読み取る」

 と出ている。つまり、「心を読むのではなく、本の行間を読む」のである。

 つまり、「文字に書かれた資料は存在する」ことになる。

 ところが、read(リード)には、同辞書によると、

「(顔・表情などから)人の心や考えを読み取る」のいう意味がある。

 つまり、「忖度」を英語に訳すなら、

 「read the mind on one's face(リード・ザ・マインド・
 オン・ワンズ・フェイス=顔に浮かんだ表情から心の働きを読み取る」

 でよかったということになる。

 または、単に「guess(ゲス)=推測する」でもいいのではないだろうか。

 あまり難しく考えると、事件を迷宮に追い込むことがある。

 この問題の本丸がどこにあるかをよく見定めて、
 枝葉末節にとらわれないことだ!

 





 

 

  
author:ぷるの飼い主, category:U-Uiversityの語源, 11:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
サッカーの語源(その2)、最近の日本選手のオフサイド事件、「俺、さわってないよ!」と主張しても、やっぱりオフサイド!
 
 
 日本のアンダー19代表がバーレーンで頑張っている・・・

 先日行われた「カタール戦」でも、柏レーソル所属の中山選手が2得点目を頭で!

 しかし、これはラインを見ている副審が旗を揚げて、「堂安選手がオフサイド」と
 主審にアピールしたため、中山選手の2得点目は「まぼろしのゴール」となった。

 テレビで見ていたが、中山選手がヘディングで合わせた時、

 堂安選手はわずかにオフサイドポジションにいた。

 リピートされた画像で確認すると、堂安選手はヘディングに合わせて、
 後ろに向きを変え、頭を動かしてヘディングの恰好をした。

 中山選手のボールはかなり高く飛んで、ゴールマウスの上に突き刺さったから、
 当然とどかなかったのであるが、堂安選手はゴールの方へ、ヘディングの恰好を
 したのである。

 僕には、堂安選手は、ヘディングのシミュレーションをしたように見えた。

 解説のセルジオ越後氏は、「明らかにオフサイドですね」と断言した。

 それについて試合後にインタビューを受けた堂安選手は、こう言ったという。

 「俺、さわってないよ! なにもしてないもん・・・」

 10月22日のJリーグでも、同じようなオフサイド事件があった。

 再開したJリーグで、決まったゴールが取り消されるようなことが起こったのだ。

 サンフレッチェ広島の塩谷選手のファウルキックが直接決まったのであるが、
 副審の指示を受けて、主審はそのゴールを取り消した。

 副審の話では、最初、

 「(オフサイドポジションにいた)皆川選手が相手選手に触った」

 次に聞くと、

 「最初のいたポジションがオフサイドポジションだった」

 その審判の言うことが変わったため、塩谷選手は、記者団に対し、

 「俺にも意味がわからない」

 と返答したそうだ。

 こういう場合、主審は、

 「オフサイドポジションにいた選手によって相手選手に対し、
 こういうことがありました。だから、オフサイドです」

 と、きちんと説明した方がいいように思う。

 その時、オフサイドのファウルがとられるのは、次のような場合だ。

 JFAがネット上で発表しているルールをわかりやすく
 かみ砕いて箇条書きにしてみよう。


 国際サッカー評議会(IFAB)は「6月1日から実施される規則」として、
 ペナルティエリア内の反則について見直したが、各サッカー連盟は
 それにともない、オフサイドの反則も厳しく見るようになったに違いない。

  オフサイドポジションの選手が
   ボールをプレーする=ボールに触れるか相手選手のプレーを妨害する

  相手選手の視線をさまたげる

  ボールに向かう相手選手に挑む

  触らなくとも、プレーしようと試みていると判断される場合

  ボールがゴールポストやクロスバー、相手選手から跳ね返った場合、
   明らかに利益となるようなオフサイドポジションを占めている時

 たとえば最近、フリーキックを与えられた時、
 明らかにオフサイドポジションに何人かを配置し、
 相手側のラインを後方からかく乱する攻撃方法が流行っている。

 そのオフサイドポジションにいる人は、
 フリーキックがけられる前に、
 オンポジションに戻るか、相手選手の邪魔にならないように
 わきに移動する必要がある。

 「移動しなくとも、ボールに触らなければいいだろう、とか、
  相手のプレーを干渉しなければいいだろう」

 というのが、今まで拡大されて来たルール解釈だったのであるが、

 「相手選手も大勢いるわけだから、選手同士接触することもあり得る。
  それは、相手選手への守備妨害と見なされるのだ」

 それをあまりにルーズに見逃し、
 ファウルをとらないということに対し、厳しく見直されたのである!

 そんな大事な規則改正が日本を代表する選手やJリーグの選手に
 まだ徹底されていないようなのだ・・・

 「俺、(ボールに)触ってないよ」というのは、その証拠だ!

 気をつけなければならない!
 
 
author:ぷるの飼い主, category:S_Sports(スポーツ一般の語源事典), 11:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
サッカーの語源(その1)! イラク戦でゴールを決めた原口元気。オフサイドでなかったルール上の理由・・・
 
 昨日10月6日、さむらいジャパンが、W杯最終予選の対イラク戦で辛勝した。

 勝利が確定したのは、後半50分、6分のアディショナルタイムが切れる
 ぎりぎりだった。

 素晴らしいゴールを奪ったのは途中出場の山口蛍選手の右足だったが、
 そのシュートのすごさについては、日を改めて書こうと思う・・・

 今日は、前半26分にゴールを決めた原口元気選手の位置が
 「オフサイドポジション」だったかどうかについて!

 これをイラクなどの新聞が「オフサイドポジションで、極東の笛が吹かれた」
 と報じたらしい・・・

 「極東の笛」とは「主審・副審が韓国の審判団で日本に有利な笛を吹いた」
 という意味である。

 テレビで見て、「オフサイドじゃないか?!」と半信半疑だった
 日本人も多かったようだ。

 しかし、これは「オフサイド」ではなかった!

 なぜなら、清武選手は相手ゴールラインのぎりぎりまで切れ込んで、
 右足を使って、センターリングしたからである!

 そのボールに対し、中央を突破してゴールキーパーの前に出た原口選手は、
 左足のインサイドを使って、ゴールキーパーの股間抜きを図った!

 つまり、原口選手は、常に、ボールよりも先に出ないポジションだった!

 「オフサイドポジション」というのは、

 日本サッカー協会のHP記載の第11条「オフサイド」を一部引用すると、

 「競技者がボールおよび後方から2人目の相手競技者より相手競技者の
 ゴールラインに近い」ポジションにいることを「オフサイドポジション」
 という。

 イラクの新聞も、一部の日本人も、この記載の中の「ボール」という
 ことを失念し、「競技者と相手競技者」の関係で「オフサイドポジション」
 を考えているのではないだろうか?!

 もし、同一線上に攻撃する競技者が並んでいると仮定した場合、
 ある攻撃側の競技者が左足を使って、ボールよりも相手ゴールラインに近い
 位置に走りこんだ別な攻撃側の競技者にパスを出したとすると、
 あるいは「オフサイドの笛」が吹かれたかもしれない!

 それくらい微妙な位置関係だったのであるが、
 オフサイドでないことは明らかだ!

 この日本サッカー協会のルールの文章は、
 「競技者がボールより相手競技者のゴールラインに近い」という文と、
 「競技者は2人目の相手競技者より相手競技者のゴールラインに近い」
 という文が複合しているということなのである。
 
 つまり、ボールの方が競技者より相手ゴールラインに近い位置にあれば、
 「オフサイドポジション」にはならないのである。

 日本サッカー協会のルールも非常にわかりにくい翻訳なので、
 わかりやすく翻訳しなおすと、

 「競技者がボールよりも相手ゴールラインに近く、同時に、2人目の相手
 競技者より相手ゴールラインに近いところに位置することを
 オフサイドポジションという」

 世界のサッカーファンには、「英文のサッカールールの原典」を読んで
 正しいと同時に、わかりやすいルールを頭に刻み込んでほしい・・・

 最後に、「10月11日の対オーストラリア戦、必勝」を願う!
 

 
author:ぷるの飼い主, category:S_Sports(スポーツ一般の語源事典), 16:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ゴルフの語源、リオ・オリンピックのゴルフ、5チャン解説者のいう「ウエスト・エリア」って、何?
 
 1904年、米国セント・ルイスで開かれた第3回オリンピック以来、

 112年ぶりに行なわれたリオ・オリンピックのゴルフ競技・・・

 日本からは有力選手の辞退があり、片山晋呉プロと池田勇太プロの

 ベテラン2選手が出場した。

 両選手とも初日74の3オーバーとつまづき、結果的には、池田プロが

 3アンダーの21位、片山プロは8オーバーの54位だった。

 今日から女子の競技が始まったが、コースがシーサイドでバンカーと荒地

 が多く、日本人選手はどうも調子に乗れないようだ・・・

 ベテランの大山志保プロは、出だしの4ホールで2ボギーも叩いている。

 若手の野村敏京プロは、伸び盛りだし、頑張ってもらいたいところだ!

 それにしても、このコースの荒地を「ウエスト・エリア」と呼んでいる

 5チャンの解説者は本当にゴルフのルールを理解しているのだろうか?

 正しくは、「Waste Area]で、発音は「ウエイスト・エリア」。

 たいして違わないのだから、構わないと思う日本人も多いだろうが、

 「ウエスト・エリア」というのと、「West Area]となってしまい、

 「西地区」の意味になるのだ・・・

 「waste(ウエイスト)」は、ラテン語の「空の」を意味する言葉に

 由来し、「荒れ果てた」・・・

 ゴルフでは、「Bunker(バンカー)」のような「Hazard

 (ハザード)」ではなく、単なる「Rough(ラフ)」・・・

 コースを設計した人が、もともとの土地に芝生をうえないで、そのまま

 残してある土地なのだ。だから、「Through the Green

 (スルー・ザ・グリーン)」の「ラフのひどい状態」と考えてよい!

 クラブでそこに生えている長い草や枯れ木に触れることもできるし、

 クラブのソールを地面につけて構えることもできる・・・

 解説者は、何か「Hazard(ハザード)」の一種として扱うような
 
 解説をしていたように聞こえたが、それは僕の空耳(そらみみ)

 だったのだろうか?!

 今の日本のゴルフは、最悪だ・・・

 誰がこんなゴルフにしたのだろう・・・

 早く何とかしないといけない!

 解説者も、基礎からゴルフルールを学び直してほしい・・・

 

  
 

 
author:ぷるの飼い主, category:G_Golf(ゴルフの語源事典), 21:12
comments(0), trackbacks(0), pookmark
目うろこ語源辞典(1)、イチローが世界最多ヒット記録達成! しかし、イチローはもっとスゴイ記録を狙っている・・・
 
 2016年6月16日(アメリカ時間15日)、イチローがピート・ローズの持つ
 大リーグ最多ヒット記録を破り、日米通算4257本を打った。

 1発あたまにでも強烈なデッドボールをくらったら、記録達成もむずかしくなるし、
 その後の試合出場にも支障をきたすことがあるから、本当に安心した・・・

 3本ヒットしたおとといのパドレス戦の第1戦、2回フォアボルを選んだことが
 あったが、その最初のフォアボールの1球目、あたま近くを通すビーン・ボールを
 イチローはあやうくのけぞってかわしていたが、それがもう少し左に来ていたら、
 いかに俊敏なイチローでもまともにあたまにくらって、昏倒していただろう・・・

 松井秀喜も、ヤンキースで手首の大けがをしていなかったら、もっと大活躍できた
 というような前例だってある!

 アメリカ人も、必死になってそういう記録の阻止や勝ち負けにこだわって来ている
 から、日本選手もイチローのように気をつけないといけない!

 イチローの大記録は、大きなけがをしないでコツコツ築いて来たあかしである。

 イチローは大けがをしないように細心の注意を払いながら、勝負を続けて来た。
 それが結晶化し、世界最多ヒット記録となったことを忘れてはならない・・・
 
 ただ、ピート・ローズ氏をはじめ、イチローの記録は「世界最多」とは認められ
 ないというような意見も出ている。イチロー選手も、「この記録にはケチがつく
 だろうし、僕自身も大きな意味を持っていない」と記者会見している。

 それから、マスコミは「イチローの次の目標は3000本ヒット」と言っていた。

 節目となる大リーグ3000本ヒットもあと21本となり、非常に間近な射程の
 圏内に入ったからである。

 しかし、これを達成したとしても、生涯記録3000本のR・クレメンテが
 29位であり、MLBを歴史的にみると、ようやく30傑に入ったという
 ぐらいのものなのである。
 
 では、3500本に到達したら、どうなのだろうか?
 
 3515本のT・スピーカーは5位だから、これを越えたら、MLB5本指に
 入ることができる。

 勝手な想像ながら、イチローは3771本で3位のハンク・アーロンの記録を
 越えることを考えているのではないかと、僕は思っている。

 多分、イチローが背番号として最も愛する「51」と同じ年齢の時に・・・

 それからあとひとつ、イチローとフロリダ・マーリンズ監督との間で構想され
 ている大記録があるような気がしている・・・

 これまた想像なのであるが、ふたりは「最高齢首位打者記録」を今年なんとか
 達成したいと考えているのではないだろうか?!

 イチローが年間最多ヒット262本を達成し、
 3割7分2厘で2度目の首位打者に輝いて湧いた2004年、
 イチローの記録に目を奪われて日本人が見逃したMLBの大記録があった。

 40歳のバリー・ボンズがナショナルリーグで3割6分2厘を打ち、
 これまた2度目の首位打者となっていたのだ!

 この時、バリー・ボンズ40歳!

 これが、MLBにおける「最高齢首位打者記録」!

 現在のイチローは3割4分9厘。

 ナショナルリーグ1位は、D・マーフィの3割5分9厘、これをX・ボガ
 レスが2厘差で追う展開である。

 しかし、ふたりは夏場の熱さに次第に打率を落とすのではないかと見ている。

 現在は、規定打席数に満たないイチローであるが、イチローは夏場に強いから、
 ひょっとすると、次第にコンスタントにスタメンに名を連ね出し、そのうち
 規定打席数をクリアして、最後の土壇場でのまとめ打ちで、
 42歳での首位打者獲得という、本当にアメリカ人も信じられない
 「マメリカン・ドリーム」が実現することになるのではないだろうか?

 その時はじめて、「イチローのヒット数を誰もが世界記録と認める」ことに
 なるのである!

 
 
 
author:ぷるの飼い主, category:目うろこ語源辞典, 14:07
comments(0), trackbacks(0), pookmark