RSS | ATOM | SEARCH
大学の語源(その46)、伊豆諸島の「ベヨネース列岩」に噴火警報! そこで、この語源について調べてみた・・・
 
 今年3月24日、気象庁から、伊豆諸島の「ベヨネース列岩」に噴火警報
 が出されたと発表された。

 「ベヨネース列岩」とは、どういう意味なんだろう?

 英語に「ベヨネース」に当たる単語はないし、何語なんだろう?

 そこで、「ウィキペディア」を検索してみた。

 「ベヨネース列岩」に以下のような記事が書かれている。

 「1846年にフランス海軍のコルベット「J・R・バイヨネーズ」が発見、
 これが語源となった」

 これでは、語源説明としては不十分で、よく理解できない。

 『Le Dico(ルディコ)』という白水社から出ている仏和辞典を引いてみた。

 「バイヨネーズ」というのは、フランスの地名「Bayonne(バイヨンヌ」に
 由来すると想像した。

 「フランス南西部の河港都市」と出ている。

 さらに『世界大百科事典』(平凡社)の「世界地図」で確認すると、

 南北に走るフランス西岸と東西に伸びるスペイン北岸が90度にまじる
 つけ根、ピレネー山脈沿いに流れてビスケー湾に注ぐポー川の河口に、
 「Bayonne(バイヨンヌ)」が見つかった。

 ここで建造され、太平洋への冒険に出たのがフランス海軍のコルベット軍艦
 「J・R・バイヨネーズ」だったような気がする。

 「J・R」は不明であるが、「バイヨネーズ」は「Bayonnaise」で、
 一般的には、「バイヨン人」を意味する女性形である。

 コルベットは、「Corvette(コルベット)」で、「三本マストの帆船軍艦」。

 この単語が女性形であるために、「バイヨン人」も女性形になっている。

 フランスのバイヨンヌ近郊のバスク人が多く乗り込んでいる軍艦が
 「伊豆諸島の青ヶ島」の南約50キロの海域で、「列岩」を発見し、
 これに自分の名前をつけた。それが1846年、弘化三年だったのである。
 「弘化」とは、天保の後、ペルー提督が来航した嘉永の前の年号である。

 最初の名前は、「Roches Bayonnaise(ロシュ・バイヨネーズ)=
 バイヨン人の岩」だったのではないだろうか?

 それが英語化されて、地図上に記載され、日本領とされた後、
 「ベヨネース列岩」と呼称するようになった。

 フランス語風ではなく、英語風に変えたのである。

 この南約200キロの海域にあるのが小笠原諸島の父島で、その西約135キロ
 にあるのが、ふたたび噴火を始めた「西之島」である。

 「西之島」の面積が大きなるという楽しみのほかに、伊豆諸島と小笠原諸島を
 つなぐ海域に大きな「ベヨネース島」が誕生するという期待も生まれている。

 日本って、小さい国だと思っていたけど、案外大きいんだよね! 特に海は!

 

 

 

 
author:ぷるの飼い主, category:U-Uiversityの語源, 11:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
大学の語源(その45)、日韓さくら起源論争に終止符を打つ「さくらの語源」!
 
 この季節になると、「日韓さくら起源論争」が決まって噴出します。

 その起源論争に終止符を打つために、このブログを書いてみました。

 まず最初に、日本の「さくら」を代表する「染井吉野(ソメイヨシノ)」と
 韓国済州島原産の「王桜」の違い。

 国立森林研究所と岡山理科大学は、2017年1月に共同発表していますが、
 学問的には非常に難しいので、小生が我流でやや乱暴に掻い摘んで説明します。

  「ソメイヨシノ」と「王桜」は遺伝子が違う!

  前者は「エドヒガン桜」と「オオシマサクラ」を交配させた園芸品種で、
   葉が出る前に花が咲きほころぶ「エドヒガン桜」と花のカタチが大きく、
   美しい花びらをしている「オオシマサクラ」の特徴を、いいとこ取りした
   さくらです。

  後者は、「エドヒガン桜」と「オオヤマザクラ」の交配種です。

  「ソメイヨシノ」は園芸品種ですから、「ソメイヨシノ」同士の交配では
   繁殖しません。ただ、他の品種とは交配するそうです。アメリカに贈られた
   「ソメイヨシノ」はその実生から選出された「アメリカ」という品種だそう
   です。『世界大百科事典』(平凡社)に出ています。

  「ソメイヨシノ」は、「エドヒガン桜」の挿し木を「オオシマサクラ」に
   接ぎ木して育てた苗木を植え、大きく成長させます。

  それに対し、韓国の「王桜」は、200年以上前の古木が見つかったという
   報道がありますから、「自生種」であり、「園芸品種」ではないようです。

  「オオヤマサクラ」などの「山桜」は、花と同時に葉が出る品種ですから、
   「王桜」は「ソメイヨシノ」のように咲き終わり、散るまでは葉が出ない
   ということは望めないかもしれません。

  「満開の見事さよりも散り際のはかなさ」を愛する日本人にぴったりなのが、
   この「ソメイヨシノ」なのです。

  『世界大百科事典』(平凡社)によると、1681年に水野元勝が著した
   『花壇綱目』という本には、実に40品種のサクラが載っているとか。

  載っていないのは「ソメイヨシノ」。これは、「明治初年ごろに東京の染井
   (江戸・豊島郡・駒込)から広がり始めたもの」で、江戸時代後期の植木屋
   が園芸品種として開発したものであるというのが定説です。

 つぎに、「さくらの語源」について。

  本居宣長は、『古事記』の「此花之佐久夜毘売(このはなのさくやひめ)
   の「佐久夜(さくや)」が「さくら」になったと提唱しています。
   『世界大百科事典』(平凡社)より。

  『日本書紀』に履中天皇の宮殿を「稚桜(わかざくら)の宮」と名づけた
   とあります。履中天皇は、仁徳天皇の第一皇子ですから、一応、実在の
   「倭の五王」のひとり、天皇の前の称号「大王(おおきみ)」であったと
   考えることができます。


  奈良時代は唐の影響が強く、「梅(うめ)」を愛します。都を京都の平安京
   に移した時も、紫宸殿階段左は「梅」、右は「橘」が植えられていました。
   それが承和年間(834〜847年)に枯れたため、「さくら」を植えたの
   です。そこから「左近のさくら」、「右近のたちばな」と言うように
   なります。

  そして、平安時代の人々は、「さくら」をただ単に「はな」と称するよう
   になり、短歌でも「はな」と出て来れば、「さくら」を意味するところと
   なったのでした。

  「花見」に関しては、ウィキペディアに「嵯峨天皇が弘仁三年(812年)
   に神泉苑で「花宴の節(せち)」を催した」と記載されていますが、これは
   『日本後記』からの引用です。『日本後記』は『古事記』(712年)、
   『日本書紀』(720年)に次ぐ、日本六国史の第3番目で、840年に
   完成しています。日本が「さくら」を愛するようになったのは、大変古い
   ことだったのです。ただし、このころの「さくら」は「ヤマザクラ」の品種
   だったのではないでしょうか?!

  さて、「さくら」の語源ですが、小生は、「咲(さく)く+座(くら)」
   の「2つの「く」の重なりが、ひとつになったもの」と考えています。
   つまり、「桜の神が毎年決まったように降りて来て、花を咲かせる場所」!
   山の峰々の決まったころに花を咲かせる「ヤマザクラ」を見て、人々は、
   「咲くら」と呼び、中国の漢字の「櫻(オウ)」をあて、「桜」という
   くずし字を使用するようになったのだと思います。ですから、「桜」という
   字もまた、日本人の考案だったのかもしれません!

  それでは、当時の中国人に「櫻(オウ)」を愛でる文化があったのでしょう
   か? 多分、なかったと思います。中国では「梅(バイ)」が主流だから
   です。さらに、「櫻(オウ)」は、「ふたつの貝の女」というつくりです。
   これは、「女性のつける美しい珊瑚や貝のような首飾りに似たサクランボ
   =ゆすらうめ=櫻桃」を意味します。ですから、中国人には「さくら」は
   歴史的に「食用」として重要だったことを暗示しているのです。

  中国の文化を色濃く受けた朝鮮半島では、「サクランボ」としては小さくて
   美味しくない「ソメイヨシノ」のような鑑賞用の桜を開発するわけがない
   のです。

  ただし、戦前のように「さくら」を「日本だけのもの」と考えるのはよく
   ないと思います。「桜(さくら)」は世界共通のものであるのです。ただ、
   「ソメイヨシノ」は「江戸末期の植木職人が創り出した鑑賞用のサクラで
   ある」ということなのです!
  

 
     

 
author:ぷるの飼い主, category:H_History of Words(言葉の歴史事典), 12:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
大学の語源(その44)、最近よく耳にする「忖度(そんたく)」の語源は「孟子」!
 
 最近、国会における籠池氏の証人喚問から「忖度(そんたく)」という言葉が
 マスコミをにぎわせている。

 それに関し、日本外国特派員協会での記者会見に臨んだ籠池氏を横にして、
 外国人女性通訳がこう説明した。

 「欧米語には対応する適切な訳語がない日本語です。強いて訳すとすると、
 read between the lines(リード・ビトウィーン・ザ・ラインズ=行間を読む)
 かしら?!」

 この中には、2つの間違いがある。

 そのひとつは、「日本語ではあるもののの語源は中国の古い言葉であること」!

 『漢語林』(大修館書店)という漢和辞典によると、

 「忖度(そんたく) 他人の心をおしはかる。推測」

 と出ていて、語源の説明はこうある。

 「〔孟子、梁恵王上〕詩に云う、他人に心あり、われはこれを忖度す、と」

 忖度の「忖(ソン)」は、「立身偏(りっしんべん)に「寸」だから、
 他人の脈をはかり、心臓の動悸や不整脈のあらわれを診る」ことを意味する。

 「忖度の「度(たく)」もまた、「メモリ、推し量る」という意味である。

 そこから、「忖度(そんたく)」は、「感情の起伏、強い思い、要求」など、
 「他人の心の強さや働き」を推測する意味になったようである。

 もうひとつの間違いは、「read between the lines(リード・ビトウィーン・
 ザ・ラインズ=行間を読む)」という訳語が近いとしたこと。

 しかし、これは、『ニューコレッジ英和辞典』(研究社)には、

「(本には直接的な説明や表現はないが)行と行の間の言外の意味を読み取る」

 と出ている。つまり、「心を読むのではなく、本の行間を読む」のである。

 つまり、「文字に書かれた資料は存在する」ことになる。

 ところが、read(リード)には、同辞書によると、

「(顔・表情などから)人の心や考えを読み取る」のいう意味がある。

 つまり、「忖度」を英語に訳すなら、

 「read the mind on one's face(リード・ザ・マインド・
 オン・ワンズ・フェイス=顔に浮かんだ表情から心の働きを読み取る」

 でよかったということになる。

 または、単に「guess(ゲス)=推測する」でもいいのではないだろうか。

 あまり難しく考えると、事件を迷宮に追い込むことがある。

 この問題の本丸がどこにあるかをよく見定めて、
 枝葉末節にとらわれないことだ!

 





 

 

  
author:ぷるの飼い主, category:U-Uiversityの語源, 11:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
サッカーの語源(その2)、最近の日本選手のオフサイド事件、「俺、さわってないよ!」と主張しても、やっぱりオフサイド!
 
 
 日本のアンダー19代表がバーレーンで頑張っている・・・

 先日行われた「カタール戦」でも、柏レーソル所属の中山選手が2得点目を頭で!

 しかし、これはラインを見ている副審が旗を揚げて、「堂安選手がオフサイド」と
 主審にアピールしたため、中山選手の2得点目は「まぼろしのゴール」となった。

 テレビで見ていたが、中山選手がヘディングで合わせた時、

 堂安選手はわずかにオフサイドポジションにいた。

 リピートされた画像で確認すると、堂安選手はヘディングに合わせて、
 後ろに向きを変え、頭を動かしてヘディングの恰好をした。

 中山選手のボールはかなり高く飛んで、ゴールマウスの上に突き刺さったから、
 当然とどかなかったのであるが、堂安選手はゴールの方へ、ヘディングの恰好を
 したのである。

 僕には、堂安選手は、ヘディングのシミュレーションをしたように見えた。

 解説のセルジオ越後氏は、「明らかにオフサイドですね」と断言した。

 それについて試合後にインタビューを受けた堂安選手は、こう言ったという。

 「俺、さわってないよ! なにもしてないもん・・・」

 10月22日のJリーグでも、同じようなオフサイド事件があった。

 再開したJリーグで、決まったゴールが取り消されるようなことが起こったのだ。

 サンフレッチェ広島の塩谷選手のファウルキックが直接決まったのであるが、
 副審の指示を受けて、主審はそのゴールを取り消した。

 副審の話では、最初、

 「(オフサイドポジションにいた)皆川選手が相手選手に触った」

 次に聞くと、

 「最初のいたポジションがオフサイドポジションだった」

 その審判の言うことが変わったため、塩谷選手は、記者団に対し、

 「俺にも意味がわからない」

 と返答したそうだ。

 こういう場合、主審は、

 「オフサイドポジションにいた選手によって相手選手に対し、
 こういうことがありました。だから、オフサイドです」

 と、きちんと説明した方がいいように思う。

 その時、オフサイドのファウルがとられるのは、次のような場合だ。

 JFAがネット上で発表しているルールをわかりやすく
 かみ砕いて箇条書きにしてみよう。


 国際サッカー評議会(IFAB)は「6月1日から実施される規則」として、
 ペナルティエリア内の反則について見直したが、各サッカー連盟は
 それにともない、オフサイドの反則も厳しく見るようになったに違いない。

  オフサイドポジションの選手が
   ボールをプレーする=ボールに触れるか相手選手のプレーを妨害する

  相手選手の視線をさまたげる

  ボールに向かう相手選手に挑む

  触らなくとも、プレーしようと試みていると判断される場合

  ボールがゴールポストやクロスバー、相手選手から跳ね返った場合、
   明らかに利益となるようなオフサイドポジションを占めている時

 たとえば最近、フリーキックを与えられた時、
 明らかにオフサイドポジションに何人かを配置し、
 相手側のラインを後方からかく乱する攻撃方法が流行っている。

 そのオフサイドポジションにいる人は、
 フリーキックがけられる前に、
 オンポジションに戻るか、相手選手の邪魔にならないように
 わきに移動する必要がある。

 「移動しなくとも、ボールに触らなければいいだろう、とか、
  相手のプレーを干渉しなければいいだろう」

 というのが、今まで拡大されて来たルール解釈だったのであるが、

 「相手選手も大勢いるわけだから、選手同士接触することもあり得る。
  それは、相手選手への守備妨害と見なされるのだ」

 それをあまりにルーズに見逃し、
 ファウルをとらないということに対し、厳しく見直されたのである!

 そんな大事な規則改正が日本を代表する選手やJリーグの選手に
 まだ徹底されていないようなのだ・・・

 「俺、(ボールに)触ってないよ」というのは、その証拠だ!

 気をつけなければならない!
 
 
author:ぷるの飼い主, category:S_Sports(スポーツ一般の語源事典), 11:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
サッカーの語源(その1)! イラク戦でゴールを決めた原口元気。オフサイドでなかったルール上の理由・・・
 
 昨日10月6日、さむらいジャパンが、W杯最終予選の対イラク戦で辛勝した。

 勝利が確定したのは、後半50分、6分のアディショナルタイムが切れる
 ぎりぎりだった。

 素晴らしいゴールを奪ったのは途中出場の山口蛍選手の右足だったが、
 そのシュートのすごさについては、日を改めて書こうと思う・・・

 今日は、前半26分にゴールを決めた原口元気選手の位置が
 「オフサイドポジション」だったかどうかについて!

 これをイラクなどの新聞が「オフサイドポジションで、極東の笛が吹かれた」
 と報じたらしい・・・

 「極東の笛」とは「主審・副審が韓国の審判団で日本に有利な笛を吹いた」
 という意味である。

 テレビで見て、「オフサイドじゃないか?!」と半信半疑だった
 日本人も多かったようだ。

 しかし、これは「オフサイド」ではなかった!

 なぜなら、清武選手は相手ゴールラインのぎりぎりまで切れ込んで、
 右足を使って、センターリングしたからである!

 そのボールに対し、中央を突破してゴールキーパーの前に出た原口選手は、
 左足のインサイドを使って、ゴールキーパーの股間抜きを図った!

 つまり、原口選手は、常に、ボールよりも先に出ないポジションだった!

 「オフサイドポジション」というのは、

 日本サッカー協会のHP記載の第11条「オフサイド」を一部引用すると、

 「競技者がボールおよび後方から2人目の相手競技者より相手競技者の
 ゴールラインに近い」ポジションにいることを「オフサイドポジション」
 という。

 イラクの新聞も、一部の日本人も、この記載の中の「ボール」という
 ことを失念し、「競技者と相手競技者」の関係で「オフサイドポジション」
 を考えているのではないだろうか?!

 もし、同一線上に攻撃する競技者が並んでいると仮定した場合、
 ある攻撃側の競技者が左足を使って、ボールよりも相手ゴールラインに近い
 位置に走りこんだ別な攻撃側の競技者にパスを出したとすると、
 あるいは「オフサイドの笛」が吹かれたかもしれない!

 それくらい微妙な位置関係だったのであるが、
 オフサイドでないことは明らかだ!

 この日本サッカー協会のルールの文章は、
 「競技者がボールより相手競技者のゴールラインに近い」という文と、
 「競技者は2人目の相手競技者より相手競技者のゴールラインに近い」
 という文が複合しているということなのである。
 
 つまり、ボールの方が競技者より相手ゴールラインに近い位置にあれば、
 「オフサイドポジション」にはならないのである。

 日本サッカー協会のルールも非常にわかりにくい翻訳なので、
 わかりやすく翻訳しなおすと、

 「競技者がボールよりも相手ゴールラインに近く、同時に、2人目の相手
 競技者より相手ゴールラインに近いところに位置することを
 オフサイドポジションという」

 世界のサッカーファンには、「英文のサッカールールの原典」を読んで
 正しいと同時に、わかりやすいルールを頭に刻み込んでほしい・・・

 最後に、「10月11日の対オーストラリア戦、必勝」を願う!
 

 
author:ぷるの飼い主, category:S_Sports(スポーツ一般の語源事典), 16:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark