RSS | ATOM | SEARCH
大学の語源(その56)、NHK「5月26日のブラタモリ・なぜ萩は世界遺産に?」で感じた歴史解釈の不確かさ・・・
 
 今日のNHK「ブラタモリ」は、山口県の萩市が舞台だった・・・

 一回行ったことがあり、また来てみたいと思わせた想い出の地である。

 ここが「なぜ世界遺産になったのか?」。

 番組が言うには、

  町の中心が湿地帯で、ここに藩校「明倫館」ほか市庁舎や図書館が置かれた。

  町には、ふんだんに「安山岩」という丈夫な石が使われた(町は火山帯の上)。

  士族たちはほとんど町から出て行き、屋敷跡は「夏ミカン畑」となった。

  「夏ミカン」は主要産業となり、町の道路や溝や石壁がそのまま保存された。

 以上が、「なぜ世界遺産になったのか?」の答えであった。

 しかし、,寮睫世涼罎如◆崗襪砲聾庁や公共施設が造られた」という
 間違った「歴史解釈」をしていた。

 明治17年の「諸兵配備表」で「山口県の陸軍はどうなっているかと言うと、

 ・第五軍管の第九旅団は、第11連隊・第12連隊とも広島城に置かれた。

 ・同じ第五軍管の第十旅団は、第12連隊が丸亀城、第22連隊が松山城に。

 明治40年の「陸軍歩兵の配置表」では、

 ・第五師団の第九旅団は、第11連隊が広島城、第22連隊が松山城に。

 ・同師団第二十一旅団は、第42連隊が山口城、第71連隊が広島城に。

 つまり、山口の連隊は「山口」に置かれ、「萩」には置かれなかったが、
 陸軍の師団・旅団・連隊の司令部や部隊は、全国の「お城」に置かれたのだ!

 これは、明治6年の「存城廃城令」(廃城令)により、全国の名城のうち
 「近代的軍隊」の司令部を置ける風格と敷地の広大さ、堅固さと交通便利性の
 あるものは、まず、「陸軍」の所有となり、残りのあまり重要でないと認定
 されたものは、「大蔵省」の所有となったのである。

 全国の名城の多くは、戦前は「軍隊」が、
 戦後になって「県庁や公共施設」が置かれたのだ!

 調べてみないといけないが、陸軍は「長州藩が幕末に藩庁を萩から移した山口
 (市)のお城」を選択し、日露戦争にそなえ、歩兵第42連隊を置いたのである。

 このために、萩は残された! ということなのだ!

 萩のお城は、あまりに海に近いため、帝国海軍の砲撃を受けやすく、
 敷地の広大さに欠け、第五師団の司令部のある広島城にも交通の便が悪い!
 そう、判断されたのではないだろうか?!

 では、なぜ、萩はそのまま士族の屋敷が残され、それが「夏ミカン畑」になった
 のだろうか?

 NHKは、「萩から4人の総理大臣が出た」と放送していた。

 伊藤博文、山県有朋、桂太郎、田中義一、4人の首相である。

 しかし、大事なことを抜かしていた!

 このうち、伊藤博文だけが文官出身で、残り3人が「陸軍大将」の出だった
 ということである。

 つまり、「萩は、長州藩閥の主流をなす長州軍閥の「ふ・る・さ・と」だった」
 のである。

 陸軍大将が3人出たということは、陸軍中将はかなり多く出た!
 少将や大佐などはもっともっとたくさん出た! ということなのだ。

 師団や連隊のある各地の名城や戦地を転々とした軍人ばかりでなく、
 政治家や実業家なども多数輩出したに違いない。
 彼らの多くは東京などに大きな屋敷を構えた。
 しかし、名誉のために「ふ・る・さ・との屋敷」を手放さなかった!

 「ふ・る・さ・との屋敷」は古くなれば取り壊されるが、敷地は売却せずに
 「夏ミカン畑」にしたのである。

 多分、歩兵42連隊のある山口に持って行けば、連隊の主計部が購入してくれた
 ものと想像する。余れば、広島の師団に持って行けばいいのである。

 真夏の炎天下の行軍や訓練で、兵士たちはへとへとになる。

 その時、美味しく、みずみずしい「夏ミカン」は、大事な「活力源」となり、
 「ビタミンCの補給源」となったのである。

 「ふ・る・さ・との屋敷」の溝は「水」を得るため、石垣は「激しい風雨」
 を防ぐためにも、大事に残され、壊れれば補修された」のである。

 萩が世界遺産に登録されたことは、嬉しいことである!

 しかし、「歴史解釈が不確か」だと、後世に悔いが残る!

 NHKは、先週の「天城越え」でも「歴史観の不在」を犯してしまった。

 本当に気をつけなくてはいけないと思う!

 

 

 

 

 

 
author:ぷるの飼い主, category:U‐University(大学の語源事典), 21:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:25
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://naruhodogogen.jugem.jp/trackback/400