RSS | ATOM | SEARCH
大学の語源(その53)、「夢(ゆめ・ム)」という漢字の語源は「家の中の寝床+目が2つ」。つまり、「見えにくいものをよく見る」という原義だった!
 
 平成30年4月2日(月)の朝日新聞朝刊一面の「小枠広告」から・・・

 リンテック(株)という会社が、「夢(ゆめ・ム)」という漢字の中の
 
 「夕(ユウ)」という部首を「創(つくる・ソウ)」にかえる、

 面白い広告を出していた。

 会社の企業スローガンが

 「くっつく技術で 夢ををつないで 未来を創る」

 ということなので、「夢」と「創」を合体させて、新漢字を創作したらしい。

 では、消されてしまった「夕」は何だったんだろう?

 実は、「夕」という字は「目」だったのである。

 現代、「夢」という字を書く時、こう書く。

 「草かんむり」→「目の横向き」→「わかんむり」→「夕」

 しかし、むかしは、こう書いていたらしい。

 「曹(ソウ)の日のない上側」→「目の横向き」→「わかんむり」→「目」

 この字に、さらに「家を表すうかんむり」や「寝床を表す部首」がついていた。

 すなわち、むかしは「夢(ゆめ」という「睡眠中に見る心的現象」ではなく、

 「家の中の寝床という暗いところで見ようとするが、見えにくいので、

 目を凝らしてよく見ようとすること」を意味していたらしい。

 その「家のうかんむり」や「寝床を表す部首」を取って、漢字を簡略化した時、

 原義のある「暗いところ」という意味がなくなるので、「下の縦向きの目」を

 「夕」という字に変えた。
 
 下の「目」を「夕」に変えても、「横向きの目=もっと古いの目の象形」が

 あるからいい。それよりも、

 「夕」は「黄昏(たそがれ=誰(た)そ彼(か)れ)」という意味で、

 「誰なのか、何なのか、よく見えない時間帯」を指すから、

 それを用いた方がいいと思ったのではないだろうか?!

 (ここらへんには、学問的というより、やや空想的な記述が含まれている)

 そして、原義も変化し、現代風の「睡眠中に見る心的現象」の「ゆめ」となった。

 このリンテック(株)の新漢字「夢(ゆめ)+創(ソウ・つくる)」は、

 社員全員が夜見る「夢」ではなく、昼間ガンガン働き、バンバン空想しながら、

 「こんなことをしたい! あんなものを創りたい!」と夢想すること!

 すなわち、「現実にはよく見えてないものを、コツコツとみんなで形あるものにし、

 未来に実を結ぶようにつないで行こうではないか!」というような意味あいが

 こめられている、ということになる。

 「夢」の原義をとりもどすことこそ、「夢をかなえる」ことなのだ!

 

 

 
author:ぷるの飼い主, category:U‐University(大学の語源事典), 13:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:19
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://naruhodogogen.jugem.jp/trackback/397