RSS | ATOM | SEARCH
大学の語源(その46)、伊豆諸島の「ベヨネース列岩」に噴火警報! そこで、この語源について調べてみた・・・
 
 今年3月24日、気象庁から、伊豆諸島の「ベヨネース列岩」に噴火警報
 が出されたと発表された。

 「ベヨネース列岩」とは、どういう意味なんだろう?

 英語に「ベヨネース」に当たる単語はないし、何語なんだろう?

 そこで、「ウィキペディア」を検索してみた。

 「ベヨネース列岩」に以下のような記事が書かれている。

 「1846年にフランス海軍のコルベット「J・R・バイヨネーズ」が発見、
 これが語源となった」

 これでは、語源説明としては不十分で、よく理解できない。

 『Le Dico(ルディコ)』という白水社から出ている仏和辞典を引いてみた。

 「バイヨネーズ」というのは、フランスの地名「Bayonne(バイヨンヌ」に
 由来すると想像した。

 「フランス南西部の河港都市」と出ている。

 さらに『世界大百科事典』(平凡社)の「世界地図」で確認すると、

 南北に走るフランス西岸と東西に伸びるスペイン北岸が90度にまじる
 つけ根、ピレネー山脈沿いに流れてビスケー湾に注ぐポー川の河口に、
 「Bayonne(バイヨンヌ)」が見つかった。

 ここで建造され、太平洋への冒険に出たのがフランス海軍のコルベット軍艦
 「J・R・バイヨネーズ」だったような気がする。

 「J・R」は不明であるが、「バイヨネーズ」は「Bayonnaise」で、
 一般的には、「バイヨン人」を意味する女性形である。

 コルベットは、「Corvette(コルベット)」で、「三本マストの帆船軍艦」。

 この単語が女性形であるために、「バイヨン人」も女性形になっている。

 フランスのバイヨンヌ近郊のバスク人が多く乗り込んでいる軍艦が
 「伊豆諸島の青ヶ島」の南約50キロの海域で、「列岩」を発見し、
 これに自分の名前をつけた。それが1846年、弘化三年だったのである。
 「弘化」とは、天保の後、ペルー提督が来航した嘉永の前の年号である。

 最初の名前は、「Roches Bayonnaise(ロシュ・バイヨネーズ)=
 バイヨン人の岩」だったのではないだろうか?

 それが英語化されて、地図上に記載され、日本領とされた後、
 「ベヨネース列岩」と呼称するようになった。

 フランス語風ではなく、英語風に変えたのである。

 この南約200キロの海域にあるのが小笠原諸島の父島で、その西約135キロ
 にあるのが、ふたたび噴火を始めた「西之島」である。

 「西之島」の面積が大きなるという楽しみのほかに、伊豆諸島と小笠原諸島を
 つなぐ海域に大きな「ベヨネース島」が誕生するという期待も生まれている。

 日本って、小さい国だと思っていたけど、案外大きいんだよね! 特に海は!

 

 

 

 
author:ぷるの飼い主, category:U-Uiversityの語源, 11:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:02
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://naruhodogogen.jugem.jp/trackback/390