RSS | ATOM | SEARCH
大学の語源(その45)、日韓さくら起源論争に終止符を打つ「さくらの語源」!
 
 この季節になると、「日韓さくら起源論争」が決まって噴出します。

 その起源論争に終止符を打つために、このブログを書いてみました。

 まず最初に、日本の「さくら」を代表する「染井吉野(ソメイヨシノ)」と
 韓国済州島原産の「王桜」の違い。

 国立森林研究所と岡山理科大学は、2017年1月に共同発表していますが、
 学問的には非常に難しいので、小生が我流でやや乱暴に掻い摘んで説明します。

  「ソメイヨシノ」と「王桜」は遺伝子が違う!

  前者は「エドヒガン桜」と「オオシマサクラ」を交配させた園芸品種で、
   葉が出る前に花が咲きほころぶ「エドヒガン桜」と花のカタチが大きく、
   美しい花びらをしている「オオシマサクラ」の特徴を、いいとこ取りした
   さくらです。

  後者は、「エドヒガン桜」と「オオヤマザクラ」の交配種です。

  「ソメイヨシノ」は園芸品種ですから、「ソメイヨシノ」同士の交配では
   繁殖しません。ただ、他の品種とは交配するそうです。アメリカに贈られた
   「ソメイヨシノ」はその実生から選出された「アメリカ」という品種だそう
   です。『世界大百科事典』(平凡社)に出ています。

  「ソメイヨシノ」は、「エドヒガン桜」の挿し木を「オオシマサクラ」に
   接ぎ木して育てた苗木を植え、大きく成長させます。

  それに対し、韓国の「王桜」は、200年以上前の古木が見つかったという
   報道がありますから、「自生種」であり、「園芸品種」ではないようです。

  「オオヤマサクラ」などの「山桜」は、花と同時に葉が出る品種ですから、
   「王桜」は「ソメイヨシノ」のように咲き終わり、散るまでは葉が出ない
   ということは望めないかもしれません。

  「満開の見事さよりも散り際のはかなさ」を愛する日本人にぴったりなのが、
   この「ソメイヨシノ」なのです。

  『世界大百科事典』(平凡社)によると、1681年に水野元勝が著した
   『花壇綱目』という本には、実に40品種のサクラが載っているとか。

  載っていないのは「ソメイヨシノ」。これは、「明治初年ごろに東京の染井
   (江戸・豊島郡・駒込)から広がり始めたもの」で、江戸時代後期の植木屋
   が園芸品種として開発したものであるというのが定説です。

 つぎに、「さくらの語源」について。

  本居宣長は、『古事記』の「此花之佐久夜毘売(このはなのさくやひめ)
   の「佐久夜(さくや)」が「さくら」になったと提唱しています。
   『世界大百科事典』(平凡社)より。

  『日本書紀』に履中天皇の宮殿を「稚桜(わかざくら)の宮」と名づけた
   とあります。履中天皇は、仁徳天皇の第一皇子ですから、一応、実在の
   「倭の五王」のひとり、天皇の前の称号「大王(おおきみ)」であったと
   考えることができます。


  奈良時代は唐の影響が強く、「梅(うめ)」を愛します。都を京都の平安京
   に移した時も、紫宸殿階段左は「梅」、右は「橘」が植えられていました。
   それが承和年間(834〜847年)に枯れたため、「さくら」を植えたの
   です。そこから「左近のさくら」、「右近のたちばな」と言うように
   なります。

  そして、平安時代の人々は、「さくら」をただ単に「はな」と称するよう
   になり、短歌でも「はな」と出て来れば、「さくら」を意味するところと
   なったのでした。

  「花見」に関しては、ウィキペディアに「嵯峨天皇が弘仁三年(812年)
   に神泉苑で「花宴の節(せち)」を催した」と記載されていますが、これは
   『日本後記』からの引用です。『日本後記』は『古事記』(712年)、
   『日本書紀』(720年)に次ぐ、日本六国史の第3番目で、840年に
   完成しています。日本が「さくら」を愛するようになったのは、大変古い
   ことだったのです。ただし、このころの「さくら」は「ヤマザクラ」の品種
   だったのではないでしょうか?!

  さて、「さくら」の語源ですが、小生は、「咲(さく)く+座(くら)」
   の「2つの「く」の重なりが、ひとつになったもの」と考えています。
   つまり、「桜の神が毎年決まったように降りて来て、花を咲かせる場所」!
   山の峰々の決まったころに花を咲かせる「ヤマザクラ」を見て、人々は、
   「咲くら」と呼び、中国の漢字の「櫻(オウ)」をあて、「桜」という
   くずし字を使用するようになったのだと思います。ですから、「桜」という
   字もまた、日本人の考案だったのかもしれません!

  それでは、当時の中国人に「櫻(オウ)」を愛でる文化があったのでしょう
   か? 多分、なかったと思います。中国では「梅(バイ)」が主流だから
   です。さらに、「櫻(オウ)」は、「ふたつの貝の女」というつくりです。
   これは、「女性のつける美しい珊瑚や貝のような首飾りに似たサクランボ
   =ゆすらうめ=櫻桃」を意味します。ですから、中国人には「さくら」は
   歴史的に「食用」として重要だったことを暗示しているのです。

  中国の文化を色濃く受けた朝鮮半島では、「サクランボ」としては小さくて
   美味しくない「ソメイヨシノ」のような鑑賞用の桜を開発するわけがない
   のです。

  ただし、戦前のように「さくら」を「日本だけのもの」と考えるのはよく
   ないと思います。「桜(さくら)」は世界共通のものであるのです。ただ、
   「ソメイヨシノ」は「江戸末期の植木職人が創り出した鑑賞用のサクラで
   ある」ということなのです!
  

 
     

 
author:ぷるの飼い主, category:H_History of Words(言葉の歴史事典), 12:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:03
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://naruhodogogen.jugem.jp/trackback/389