RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
『知的シングルになるための ゴルフ語源辞典』の表紙のボールにつけた「A to Z」の語源!

 久し振りに、ゴルフの本を日本経済新聞出版社から出した。この記事の左に写真を載せている『『知的シングルになるための ゴルフ語源辞典』である。

 ちょっとはっきりしないが、男女2人のゴルファーがボールのライやラインを見ている場面である。最初、白いボールの表紙デザインであったが、ボールに「A to Z(エートゥーゼッド)」という文字を入れてもらった。中で「Identification Mark(アイデンティフィケーション・マーク)」の語源やルールを扱っているから、筆者のボールに記入されるマークとしてどうしても入れて欲しいと頼んだのである。そのルール、「問題が発生してからでは、後の祭となる」くらいゴルファーにとって重要であり、是非とも読んで欲しいと思う。


 今日は、この「A to Z」の語源について。この本は、AのAddress(アドレス)からZのZero(ゼロ)までの「A to Z」で構成されているから、表紙を目にした読者にそのことを伝えたかったのである。

 本の「はじめに」にこんなことを書いている。「筆者がゴルフのことをA to Zにまとめたのは、過去に2度ある。最初は「週刊SPA!」に連載した「SPA! GOLF A to Z」の「アドレスからコース攻略までの通貫理論」、2度目は「サンデー毎日」の連載に書き足した『ゴルフ雑学事典』(筆名は田代翔)」

 この「A to Z」にはこんな想い出がある。扶桑社から『アマの悩みはアマに訊け!』という本を出したのは1991年6月であるが、それは、扶桑社の「週刊SPA!」に90年1月から10月まで連載した「スパ! ゴルフ A to Z」を加筆訂正したもので、前者にも英語で「SPA! GOLF A to Z」という副題をつけている。

 この「A to Z」、最近では、NHKが毎週土曜日10時から放送するドキュメンタリー「追跡!A to Z」が有名で、それから取ったと思われがちだが、僕の「「SPA! GOLF A to Z」のほうが、15年以上も早いのである。しかも、真ん中にビックリマークの「!」を使っている点までが、まったく同じだから、NHKがどういう経緯でそういう真似をしたのだろうと不思議に思っているところだ。

 では、僕の「A to Z」はどこから来ているかというと、これは、「ロンドン発」なのである。

「週刊スパ!」の名物編集長だったなべちゃんからゴルフ連載の依頼があった1990年の前年、僕は、フレデリック・フォーサイスと契約をするためにロンドンに飛んだ。彼が『ゴルバチョフ暗殺指令』という書き下ろしビデオをビクターから新発売し、広告・PRへの出演依頼をした。快諾を得て、当時の勤務先のロンドン支局で契約書にサインし、航空券を渡す目的があったためである。非常に時間がない仕事で、僕はヒースロー空港から支局までタクシーに乗った。運転手は僕の手帳にある住所を地図帳で確かめ、それを僕に渡して再確認させた。

 その時タクシーの運転手が手渡してくれた地図帳、その表紙に、『A to Z』とあったのである。僕は新連載のゴルフ企画を「A」のAddress(アドレス)から「Z」の「コース攻略のZoning(ゾーニング)」まで通貫理論として書く構想を持っていたから、この地図帳の『A to Z』に飛びついた。

 では、なぜ、タクシーの地図帳が『A to Z』という名前だったのか。それは中の地図を見て、すぐわかった。
地図帳の表頭には横書きに「A・B・C・D・E・F・G・・・」とあり、表側には「1・2・3・4・5・6・・・」とある。住所を後の索引で引くと、直ぐに見つけられるように「ページ○○、3−A」というように記号がふってあるのだ。それを、タクシーの運転手が使う地図帳のタイトルにしているというわけ・・・

 NHKの番組プロデューサーもロンドンに勤務したか出張に行って、ちょくちょくタクシーの地図帳のお世話になったのではないだろうか。だから、新しいタイプのドキュメンタリー番組のタイトルとして、「「追跡!A to Z」という名前をつけたに違いない。でも、どんなところにも先人はいるもので、わがアイディアのほうが15年以上も早かったのである・・・
author:ぷるの飼い主, category:G_Golf(ゴルフの語源事典), 12:35
comments(2), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:35
-, -, pookmark
Comment
『知的シングルになるための ゴルフ語源辞典』非常に興味深く拝見しています。まだ読み終えておりませんが、早くも続編を期待しております。ひとつ疑問があります。145頁の「しかし〜」の件、本書ではふたつとも紛失球としておりますが、裁定集27・11状況3にはインバウンズの球を暫定球とみなす、とあります。さてこれはどう違うのでしょうか。
杉村哲也, 2011/07/01 4:07 AM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2010/10/07 8:44 AM