RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
「カタカナ改革論」に対する反論! 中高年が英語に強くなるのは、「語源力」が最上の武器!
 今まで、「カタカナ改革論」が非常に聞こえはいいが、中途半端な変更にしかならないということを書いてきたが、では、どうやったら、日本人は英語に強くなるのだろうか? (1)これから英語を勉強するという学童や勉強中の学生は、あくまで「正統な英語教育法」を学ぶべきだと思う。そのためにも、英語の教師は、日本の英語教育ではまだ普及していない「Phonetics(フォネティックス)=音声学・発声学」を、徹底して勉強し直す必要があるだろう。この言葉の語源は、phone(フォウン)。 これは、ギリシャ語のホーネーに由来し、「人間の発する言語音」という意味。  欧米では、正しい発音を教育する方法として、〇医者さんの使う「喉頭グラス(口内視鏡)」や、■oiceーindicator(ヴォイス・インディケーター)という特殊な用具を口の中に入れて、幼児や学童が発音する時の「口の構造」、「舌の位置や状態」を矯正している。日本の英語教育では、音を正しく出すためには、口の閉じ方・開け方、唇の使い方などを目視するが、欧米では、口の内部から正しい発音にしようとする試みが発達している。直ぐにそういう教育方法を導入せよとは言わないが、英語の教師ぐらいは経験したほうがいいと思う。  日本人はこういう特訓を嫌う傾向にあるから、たとえ「帰国子女」といっても、そういう矯正を受けないで英語を覚えている。しかし、本当に正しい英語の発声法を習得している人は、一握りもいないかもしれない・・・ (2)大学や高校を卒業して、ビジネスとして英語を使っている人や海外生活を送らざるを得ない人、海外が好きで英語をちゃんとやりたい人は、「Phonetics(フォネティックス)=音声学・発声学」のテキストを読みながら、ビデオやインターネットの動画画面を見て、覚えるといい。 「カタカナ改革論」の原聡(はらさとし)さんは、「聞き話す英語」を「カタカナに記号をつけて習得せよ」というが、そんなことは絶対できない。せいぜい、「カタカナを読む英語」で終ってしまうのがオチ。たとえ最初は発音がぎこちなくとも、テキストに書いてある通りに発音し、画面で修正してゆく。つまり、「発音する英語」から「聞き話す英語」の力を身につけてゆくという方法をしっかりと身につけることが大切だと思う。 (3)hearing(ヒアリング)の弱い中高年の人が英語を学ぶ一番いい方法とは何だろう? 英語で話すテーマを持つこと。僕の場合、「ゴルフ」という趣味なら、外国人と話せる。国境を越えて、どんな人でも、「趣味の世界」なら話すことが可能だし、聞こうとしてくれる。知っている共通の単語があるからだ。 それにプラスして、「趣味の語源」を調べること。僕の『ゴルフ語源辞典』もこうして生まれた。日本人は、「英語の会話力」が弱いが故に、「英語の語源力」をお奨めしたい。最上の武器となるだろう・・・
author:ぷるの飼い主, category:L_Literature(文学の用語解説事典), 12:27
comments(1), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:27
-, -, pookmark
Comment
興味深いお話をありがとうございました。我々の受けてきた教育が如何に情けないモノであったかを痛感します。やはり、繰り返しの訓練しかないのでしょうね。
 当方は英語が苦手なくせにアメリカの鉄道模型に興味を持ち、ブログと掲示板を運営しておる者です。ちょうど、地名などのカタカナ表記が話題となっていましたので、リンクを張らせていただいていました。悪しからず御了承ください。

http://otd9.jbbs.livedoor.jp/1000007762/bbs_tree?base=1596&range=1
ワークスK, 2010/09/24 8:43 PM