RSS | ATOM | SEARCH
大学の語源(その49)「メリケン波止場」の語源! 童謡や流行歌が教えてくれる・・・
 
 昨夜、『昭和天皇実録』の第二(大正三年〜九年)を読んでいたら、

 大正6年の7月、東宮殿下(皇太子裕仁)がおめし艦「香取」に乗り、
 福井県の敦賀から山陰をめぐり、関門海峡を通って瀬戸内海に入り、
 12日(木)、神戸港に上陸したくだりをみつけた。そこに、

 「神戸港米利堅波止場(メリケンハトバ)にご上陸になり、
 8時、神戸駅をご発車」

 という記事があった。

 前回の「大学の語源(その48)」では、
 「そう言えば、日本の横浜にも、「メリケン波止場」というアメリカ軍
 の波止場があり、流行歌でもよく歌われたような記憶がある」

 と書いているため、気になった。

 まず、『広辞苑』(岩波書店)で調べてみた。

 「アメリカンの略。〜メリケン粉などの言葉がある」

 と出ていたが、神戸の由来なのか、横浜の由来なのか、記載がない。

 『世界百科大事典』(平凡社)には載ってなく、「ウィキペディア」を検索。

 「明治元年(1868年)明治政府が第三波止場として開設。近くに米国
 領事館があったことから、「メリケン波止場」と呼ばれるようになった。
 (明治27年に横浜港に鉄製の大桟橋が完成したことから、)
 明治末期から1970年ごろまで「メリケン波止場」と呼ばれた」

 これを補足してみよう。やはり、「歴史的な観点」が抜けているような気がする。

  「メリケン波止場」の起源発祥は、神戸港で、第三波止場の近くにアメリカ
   領事館があったことによるというのは、間違いないことだろう・・・

 ◆,靴し、明治末から横浜の「大桟橋」も「メリケン波止場」と呼ばれる
   ようになった。それは、アメリカのサンフランシスコ・横浜・上海・香港を
   結ぶアメリカ定期航路が開かれ、
   アメリカ汽船や貨物船が多く寄港したからではないだろうか? 

  もしくは、「大桟橋」は鋼鉄製であったことから、輸入元のアメリカをとり、
  「メリケン波止場」と呼ぶようになったとも考えられる。
  山手線恵比寿駅と目黒駅間に線路の上を通る跨線橋があるが、
  その恵比寿駅側の橋の近くに住んでいた小生は「アメリカ橋」と呼んでいた。
  中目黒あたりに駐屯する日本陸軍の戦車が山手線内に入る時、
  この橋を渡ったという。それまでの木造の橋では、戦車の重量に耐え切れず、
  橋が戦車ごと落下する危険性があったからで、当時そうした鉄骨を建造できない
  日本は、やむを得ず、アメリカに発注したということを、橋のたもとに
  はめ込められたプレートで読んだような記憶が残っている。

  大正11年(1922年)に発酵された童謡「赤い靴」の歌詞はこうだ。

  「♭ 赤い靴はいてた 女の子〜
     異人さんにつれられて いっちゃった〜
     横浜の波止場から 船に乗って〜
     異人さんにつれられて いっちゃった〜 ♯」
   
      
  ここでは、「横浜の波止場」と歌われている。
   横浜が「メリケン波止場」という一般的な、大衆がよく知っている
   呼び名になったのは、もっと後のことだったのである。
   というのは、翌大正12年に横浜は関東大震災に襲われ、港の破壊は
   最悪で、横浜の多くの貿易商や華僑が神戸へ移住したという。
  
  そして、昭和12年(1937年)に新発売され、大流行した
   渋谷のり子が歌う「別れのブルース」(コロンビア)・・・

  「♭ 窓を開ければ、みなとが見える〜 
     メリケン波止場の灯が見える〜
     夜風、潮風、恋風のせて〜
     今日の出船は、どこへ行く〜 ♯」

  この昭和12年7月7日、盧溝橋で発せられた一発の銃声から日本は中国と
  の泥沼の戦争に突入し、やがては、アメリカやイギリスとの太平洋戦争を
  開始するのであるが、この「別れのブルース」は戦争へと駆り立てられる
  若き将校・兵士たち、引き離された家族や恋人たちの「遣る瀬ない気持ち」
  をうたい上げた名曲であり、当時、当局による監視も厳しかったという。
  しかし、「アメリカ波止場」と明確に歌っていない以上、当局も手を出せ
  なかったというような想像ができる。この「メリケン波止場」が神戸だった
  のか、横浜だったのかはよくわからない。しかし、アメリカのコロンビア・ 
  レコードと提携した日本蓄音機商会は川崎に本社を持っていたから、横浜の
  「メリケン波止場」と考えるのが妥当だろう・・・


  この歌は、戦後もよく歌われた。それは、横浜の山下公園近くにある
  「ホテルニューグランド」が占領軍により接収され、アメリカ軍の拠点になった
  からである。昭和20年8月30日厚木空軍基地に降り立ったマッカーサーは
  まずこのホテルニューグランドに投宿し、その後皇居前に進出している。
  まさに、山下公園から大桟橋にかけては、アメリカ軍やその家族のための
  「メリケン波止場」になったのであった。
  
  つまり、「別れのブルース」は、敗戦国の国民にとって、父や夫、子や
   恋人の帰国をあてどなく待つ「待ちわびのブルース」になったということだ。

  そして、アメリカ軍を中心とする連合軍司令部から山下公園が全面的接収解除
   になったのは、1959年(昭和34年)という。
   しばらくは「メリケン波止場」と呼ばれ、その後、1970年(昭和45年)
   ごろまでそう呼び続けられたことがわかる。
  
  
    

    

 
  

 

 

 
author:ぷるの飼い主, category:U-Uiversityの語源, 10:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
大学の語源(その48)ムン大統領が「大韓民国」を「大韓美国」と書いた誤字の語源的解釈!
 
 韓国のムン大統領が、6月29日、ホワイトハウスに招待された。

 晩餐会の会場に入る時、芳名帳が用意されていて、それに記入する際、
 自国名と自分の名を記入することになっていた。

 その時、「大韓民国」と書くべきところを「大韓美国」と書いてしまった。

 これは漢字で書かれたものではなく、ハングルで書かれたものである。

 「大韓民国」の「民」は、ハングルで「0I]の下にバッチムと呼ばれる
 「ン音」を表す「L字」の横一を長くした記号を入れる。

 音で表現すると、「ビ・ミ」の音に「ウン音」を足して、「ミン」と表音する。

 「0I」だけだと「ン音」がないから、単に「ビ・ミ」となる。

 ムン大統領は、その「L字」を加えるのを忘れたのである。

 それは、記名された箇所が撮影され、ユーチューブにも映像として残っている。

 ムン大統領が別な国の晩餐会に出席したのなら大きな問題にならなかったが、
 トランプ大統領にホワイトハウスの晩餐会に招待されたのだから、大きな問題と
 なってしまった。

 なぜなら、日本ではアメリカ(USA)を「米国」と呼称するが、中国では
 アメリカを古来「美」もしくは「美国」と書いて来たからだ。

 日本語の「米国」は、「アメリカ」を「亜米利加」と万葉仮名のように表記し、
 頭音の「亜」を聞き飛ばし、「米(マイ・ベイ)」を残して、
 そのうち「ベイコク」呼ぶようになった。

 中国語の「美」は中国語で「mei(メイ)」と発音する。どうも、
 日本語の「亜米利加」(アメリカ)に対し、中国人は、曖昧母音の「亜(ア)」
 を飛ばして、「美利堅」(メイリケン)とし、その頭音の「美(メイ)」だけで
 アメリカを表現するようになった。

 そう言えば、日本の横浜にも、「メリケン波止場」というアメリカ軍の波止場が
 あり、流行歌でもよく歌われたような記憶がある。

 朝鮮半島には、この日本式の「米国」と中国式の「美国」が伝えられ、現在の
 韓国では、後者が採用されて、ハングル化されたようである。

 だから、ミ音を表す「0I」を書くと「美国」となり、「アメリカ」を意味する。

 「民(ミン)」を表すハングルは「0I+L]としなければならないのだが、

 ムン大統領はうっかり「L」を書き忘れたため、「大韓美国」を意味する
 ハングルを書いてしまった。

 韓国のメディアは「戦略的なミス」としたが、これは単なる「書き間違いと
 判断して間違いないだろう。

 「表音文字」にしてしまうと、どうしても「語源的解釈」が疎かになる。

 たとえば、日本語のカタカナの「ミ」の語源は?

 これは、「三(サン」を日本語で「みっつ」と言い、「頭音」に由来する。

 では、平仮名の「み」の語源は?

 これは、「美(ビ・ミ)」の草書体に由来する。

 日本人の多くがすでに忘れていることで、そういう意味で「表音文字」はとても
 便利なようでいて、実はとても恐いものなのだ。

 それでは、「つ」と「ツ」の語源は?

 誰も、答えられないだろう・・・
 
 これは、ほとんどの日本人がもう答えられない時代になっていることを指す。

 表音文字だけの言語にしてしまうと、「うっかりした書き間違いのミス」が
 多くなり、古い歴史の細やかなところが読めなくなるということもある

 このブログのように「和・漢・洋・才!」でないといけない・・・

 


 

 

 
 

 

 

 

 

 
author:ぷるの飼い主, category:U-Uiversityの語源, 15:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
大学の語源(その47)、日韓さくら起源論争にとどめをさすアーネスト・サトウの記述を発見!
 
 大学の語源(その45)で「日韓さくら起源論争に終止符を打つさくらの語源」
 について書いたが、今日はその続き・・・

 『アーネスト・サトウ公使日記』(機砲鯑匹鵑任い燭蕁¬滅鬚さ事を発見した。

 アーネスト・サトウは、幕末期の文久二年(一八六二年)九月八日に来日した
 イギリスの外交官で、通訳として明治維新で活躍、1895年(明治28)年7月
 28日にイギリス駐日公使として赴任して来た人である。

 (注)、小生は、西暦は基本的に算用数字を使用し、明治五年末までの年号は
     漢数字、明治6年以降は算用数字を使っている。日本が従来の太陽
     太陰暦(旧暦)を西暦(新暦)に変更したのが、明治五年だからである。

 その1895年(明治28年)10月5日(P55)の記述にこうある。

 「ラウザー嬢と馬車で、染井と巣鴨の植木園に行く。そこで伊藤小右衛門に
  出会った。彼は1875年に宮本小一の推薦で公使館に植木を植えた
  男である」(『アーネスト・サトウ公使日記』(機某型擁往来社・2008)

 以上の中の「染井」とは、現在の東京都駒込あたりの「染井村」で、
 桜の交配品種「ソメイヨシノ」発祥の地である。

 アーネスト・サトウは、大の植物好きで、イギリス公使館やその周辺に
 美しい日本の植物を植えようと訪ねたのであった。
 
 そこで、伊藤小右衛門という植木職人と出会った。

 彼は、1875年(明治8年)に公使館に植木を植えた男で、
 20年ぶりのイギリス公使館での仕事であった。

 明治8年のイギリス公使はかの有名はパークス公使で、サトウは彼に
 仕えていた。ただし、サトウはこの年の2月に休暇で帰国している。

 イギリス公使館は、明治五年に三田から現在の麹町に移転していた。

 公使となったアーネスト・サトウは、大きく成長したソメイヨシノなどの
 植物を見て、さらに手を加えようと考え、染井や巣鴨の植木園に馬車で
 行ったのではないだろうか・・・

 「ソメイヨシノ」は、エドヒガンザクラとオオシマザクラの交配品種で、
 こういう植木園で大量の「苗木」が売られていたのである。

 

 「千代田区観光協会」のHP「千代田のさくらまつり」に「英国公使館の
 さくら」というのが記載されていた。転載してみよう・・・

 「有名な英国大使館前の桜並木。この桜は1898年(明治31)、当時の公使
 アーネスト・サトウが公使館前の空地に桜の木を植え東京府に寄付をしました。
 現在では想像もつきませんが、当時は花見をしながら富士山や海の見事な眺めが
 大使館から一望できたといいます」

 アーネスト・サトウは、明治8年に植えた桜並木がサクラの名所になったため、
 公使館用地でない並木道を明治31年に東京都に寄付したのである。

 『アーネスト・サトウ公使日記』(供砲裡隠牽坑固(明治31年)2月2日
 (P45)にも同じ駒込の植木園のことが出て来る。

 「馬車で駒込の植木屋組合へ行く。この組合は大量の輸出をしている。植木屋
  は、私のために、花序が穂状をなした管竹を数本切ってくれた」

 想像するに、アーネスト・サトウは、東京都への「桜並木道」寄付を決意し、
 寄付する前に植木屋に手入れをさせ、さらに公使館の敷地用の植木を選定させる
 ために、駒込の染井の植木屋組合を訪問したのではないだろうか。

 この記述でわかるのは、1898年(明治31年)の段階で、大量の植木を
 海外に輸出していたことである。つまり、日清戦争で独立した大韓帝国に
 ある日本公使館や領事館、日本人経営の会社や工場の敷地に「ソメイヨシノ」
 が輸出され、植えられた可能性があるということである。

 これは、済州島で王桜の自生種の古株が発見された年よりも前のことだ!
 
 

 こういう記事を多く見つけ出すことにより、日韓さくら起源論争は自然に
 終焉することでしょう・・・

 

 

 
author:ぷるの飼い主, category:U-Uiversityの語源, 11:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
大学の語源(その46)、伊豆諸島の「ベヨネース列岩」に噴火警報! そこで、この語源について調べてみた・・・
 
 今年3月24日、気象庁から、伊豆諸島の「ベヨネース列岩」に噴火警報
 が出されたと発表された。

 「ベヨネース列岩」とは、どういう意味なんだろう?

 英語に「ベヨネース」に当たる単語はないし、何語なんだろう?

 そこで、「ウィキペディア」を検索してみた。

 「ベヨネース列岩」に以下のような記事が書かれている。

 「1846年にフランス海軍のコルベット「J・R・バイヨネーズ」が発見、
 これが語源となった」

 これでは、語源説明としては不十分で、よく理解できない。

 『Le Dico(ルディコ)』という白水社から出ている仏和辞典を引いてみた。

 「バイヨネーズ」というのは、フランスの地名「Bayonne(バイヨンヌ」に
 由来すると想像した。

 「フランス南西部の河港都市」と出ている。

 さらに『世界大百科事典』(平凡社)の「世界地図」で確認すると、

 南北に走るフランス西岸と東西に伸びるスペイン北岸が90度にまじる
 つけ根、ピレネー山脈沿いに流れてビスケー湾に注ぐポー川の河口に、
 「Bayonne(バイヨンヌ)」が見つかった。

 ここで建造され、太平洋への冒険に出たのがフランス海軍のコルベット軍艦
 「J・R・バイヨネーズ」だったような気がする。

 「J・R」は不明であるが、「バイヨネーズ」は「Bayonnaise」で、
 一般的には、「バイヨン人」を意味する女性形である。

 コルベットは、「Corvette(コルベット)」で、「三本マストの帆船軍艦」。

 この単語が女性形であるために、「バイヨン人」も女性形になっている。

 フランスのバイヨンヌ近郊のバスク人が多く乗り込んでいる軍艦が
 「伊豆諸島の青ヶ島」の南約50キロの海域で、「列岩」を発見し、
 これに自分の名前をつけた。それが1846年、弘化三年だったのである。
 「弘化」とは、天保の後、ペルー提督が来航した嘉永の前の年号である。

 最初の名前は、「Roches Bayonnaise(ロシュ・バイヨネーズ)=
 バイヨン人の岩」だったのではないだろうか?

 それが英語化されて、地図上に記載され、日本領とされた後、
 「ベヨネース列岩」と呼称するようになった。

 フランス語風ではなく、英語風に変えたのである。

 この南約200キロの海域にあるのが小笠原諸島の父島で、その西約135キロ
 にあるのが、ふたたび噴火を始めた「西之島」である。

 「西之島」の面積が大きなるという楽しみのほかに、伊豆諸島と小笠原諸島を
 つなぐ海域に大きな「ベヨネース島」が誕生するという期待も生まれている。

 日本って、小さい国だと思っていたけど、案外大きいんだよね! 特に海は!

 

 

 

 
author:ぷるの飼い主, category:U-Uiversityの語源, 11:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
大学の語源(その44)、最近よく耳にする「忖度(そんたく)」の語源は「孟子」!
 
 最近、国会における籠池氏の証人喚問から「忖度(そんたく)」という言葉が
 マスコミをにぎわせている。

 それに関し、日本外国特派員協会での記者会見に臨んだ籠池氏を横にして、
 外国人女性通訳がこう説明した。

 「欧米語には対応する適切な訳語がない日本語です。強いて訳すとすると、
 read between the lines(リード・ビトウィーン・ザ・ラインズ=行間を読む)
 かしら?!」

 この中には、2つの間違いがある。

 そのひとつは、「日本語ではあるもののの語源は中国の古い言葉であること」!

 『漢語林』(大修館書店)という漢和辞典によると、

 「忖度(そんたく) 他人の心をおしはかる。推測」

 と出ていて、語源の説明はこうある。

 「〔孟子、梁恵王上〕詩に云う、他人に心あり、われはこれを忖度す、と」

 忖度の「忖(ソン)」は、「立身偏(りっしんべん)に「寸」だから、
 他人の脈をはかり、心臓の動悸や不整脈のあらわれを診る」ことを意味する。

 「忖度の「度(たく)」もまた、「メモリ、推し量る」という意味である。

 そこから、「忖度(そんたく)」は、「感情の起伏、強い思い、要求」など、
 「他人の心の強さや働き」を推測する意味になったようである。

 もうひとつの間違いは、「read between the lines(リード・ビトウィーン・
 ザ・ラインズ=行間を読む)」という訳語が近いとしたこと。

 しかし、これは、『ニューコレッジ英和辞典』(研究社)には、

「(本には直接的な説明や表現はないが)行と行の間の言外の意味を読み取る」

 と出ている。つまり、「心を読むのではなく、本の行間を読む」のである。

 つまり、「文字に書かれた資料は存在する」ことになる。

 ところが、read(リード)には、同辞書によると、

「(顔・表情などから)人の心や考えを読み取る」のいう意味がある。

 つまり、「忖度」を英語に訳すなら、

 「read the mind on one's face(リード・ザ・マインド・
 オン・ワンズ・フェイス=顔に浮かんだ表情から心の働きを読み取る」

 でよかったということになる。

 または、単に「guess(ゲス)=推測する」でもいいのではないだろうか。

 あまり難しく考えると、事件を迷宮に追い込むことがある。

 この問題の本丸がどこにあるかをよく見定めて、
 枝葉末節にとらわれないことだ!

 





 

 

  
author:ぷるの飼い主, category:U-Uiversityの語源, 11:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark