RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
NHKの「プレミアム8・<医師パッチ・アダムスの人に優しい医療>」を見て、clowning (クラウニング)の意味と語源!

 お久し振りです!
 しばらく、古代の魅力溢れる女性にうつつをぬかしていて、ブログをおろそかにしてました・・・
今日は、昨日見ていたNHKの「プレミアム8」、その<医師パッチ・アダムスの人に優しい医療>にたびたび出て来るclowning (クラウニング)という言葉の意味と語源について、語ってみましょう・・・
 最初、番組のナレーターが「クラウニング」と日本人ぽく発音していたので、crowning (クラウニング)と早合点した。
 crowning (クラウニング)は、crown (クラウン=冠・戴冠させる)に由来し、「頂上をなす・最後を飾る」という意味だ。癌の末期症状の子供の患者をハンター・アダムズが優しく抱きしめているから、「最後を飾っているのだろう」と思ってしまったのである。
 しかし、この「人に優しい医療」という活動を唱道しているハンター・アダムズという人をよく見ると、その人、鼻の上に「赤いボンボリ」をつけて、おかしな服を着ているではないか。
 そこから、この「クラウニング」という言葉は、clowning (クラウニング)ではないかと直感した。これは、clown (クラウン=道化師)の動詞形で、「道化師のようにおどける」という意味である。番組をよくよく見聞きすると、こうナレーターが語っていた・・・
「愛とユーモアでclowning (クラウニング)にめざめて来た子供たちとの距離が近くなる」
「張りつめた病院の雰囲気が一挙にやわらぐ。・・・黙りこくっていた患者が賛美歌を歌うなど、驚くべき変化があらわれ出した」
 NHKは番組の上でこの人を「ハンター・アダムス」としていた。なぜ正しい英語の「アダムズ」としないんだろうと思いつつ見ていると、かって名優ロビン・ウィリアムズが主役を演じた映画『パッチ・アダムス』と合わせているように思えた。中南米などのスペイン語圏では「アダムス」と「ス」を濁音にさせない方が一般的で、通りがいいのである。
 さて、clown (クラウン=道化師)の語源であるが、研究社の『英語語源辞典』によると・・・
「低地ドイツ語起源とする説もあるが、不詳」
 それでは、crown (クラウン=冠・戴冠させる)の語源は・・・
「ラテン語のcoronam (コローナム=花や葉で作る輪・王冠)」に由来し、初出の意味は「光栄」」
 NHKの番組はなかなかよかったが、日本語のナレーションは「L (エル)」と「R (アール)」の区別をせず、どちらかというと、「R (アール)」に近い。スペル表記をし、正確を期すことだ!

author:ぷるの飼い主, category:V-Volunteer (ヴォランティア)の語源, 11:27
comments(0), -, pookmark